最高品質のブランドすっぽんで作り上げたすっぽんを一貫して養殖から加工・販売いたします。

renji

 電子レンジ料理が危ない。太る原因?

今やどこの家庭にも、どこの調理店にも電子レンジが普及しています。

簡単に温められるし、調理も簡単にできます。

ところで電子レンジの仕組みを知っていますか?

電子レンジ調理

調理法の違いにより野菜のファイトケミカル(フラボノイド)は、
ゆでた場合は66%、圧力釜では47%、蒸した場合には11%しか失われませんが、
電子レンジで調理すると97%も失ってしまいます。
97%といえば、もうほとんど意味の無い食べ物に変化してしまっているのと同じです。

さらに、食品の分子構造に著しい変化を起こすため、
含まれるビタミンB複合、C、E、必須ミネラル、必須脂肪酸などの栄養価値も60~90%低下してしまいます。

酵素が完全に破壊されてしまうため、たとえビタミンやミネラルが存在していても、体はこれらを栄養として利用することはできません。

ビタミンなどの変質よりももっと怖いのが、
発ガン性のフリーラジカル(活性酸素)も大量に形成されるという事です。

 電子レンジの仕組みと恐怖

電子レンジは便利ですが、あなたの健康を破壊してしまうこのよで最も危険な調理器具です。

電子レンジのことを英語でマイクロウエーブオーブンと言いますが、マイクロウエーブとは超短波で低レベルの放射線のことです。

電子レンジは電磁波がその振動によって摩擦を起こし熱を作り出す調理器具ですが、扉や密封材から半径20mにわたり放射線が漏れ出しているばかりか、食品に含まれる栄養を大量に破壊し、人体を内側からも外側からも細胞レベルで傷つけ、その累積的な影響が、血液の質の低下(ヘモグロビン値の現象、白血球の数の上昇など)、免疫力の低下、ガン細胞形成、脳神経障害、ホルモンバランスの崩壊、コレステロール値の上昇ほか、さまざまな形で健康を脅かしてゆきます。

痩せないからだ

上記のように電磁波によって食べ物の分子が変化してしまい、消化しにくい物質に変化してしまうのです。

タンパク質が変化し、神経や肝臓・腎臓などの臓器の毒素となる物質に変化してしまうのです。

レンジでチンしたものばかり食べている人は非常に痩せにくく、メリハリが無く、たるみが出やすいと言われています。

日本ではほとんど好評していませんが、イギリスなどの欧州では、大きな問題となっています。

同じチンでも、オーブンやトースターは電磁波を使っていませんから安心です。

 分子レベルの破壊

私が現段階で言えるのは、電子レンジで加熱するとエンザイムは失われるということです。安全性がはっきりしない以上、電子レンジを調理に使うのはお勧めできません。

我が家にも電子レンジはありますが、ごくたまにしか使いません。ごはんを温め直すときも蒸したり、密閉容器のままボイルしたりしています。ちょっと時間はかかりますが、電子レンジよりふっくらとおいしく温まります。もちろん、煮たり焼いたりしてもエンザイムは失われますが、たんなる熱で壊されたエンザイムと、分子レベルで損傷させられたエンザイムでは、その「情報力」が違うのではないかと私は考えています。

医学博士 新谷弘実

すっぽんショップ

 新ショップ”美流すっぽんショップ”はこちら、新商品にもご期待ください。
クリックすると美流すっぽんショップにジャンプします。

 厳選ショップは今まで通りお使いいただけます。
厳選ショップ

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional